蛇が巻き付いた模様の石が発見される

2016/04/15  

もののけ速報

蛇が巻き付いた石


奇妙な石が三重県桑名市の神社で発見されました。

中日新聞
神の使い?不思議な模様の石発見 桑名・玉三稲荷神社
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20160415/CK2016041502000012.html


場所
桑名市上野の玉三稲荷(たまみついなり)神社
http://loco.yahoo.co.jp/place/g-O8dvtC2BmcM/
https://goo.gl/maps/14uyqpeKFHs


二匹の蛇が巻き付いているように見える模様の石

書いてみるとこんな感じです
わかるかな?


大きさ
平たくて、高さ十センチ、幅が最大三十センチほどの大きさ。

模様
黒っぽい地肌に、白蛇二匹が向かい合って巻き付いているような模様が付いている。

発見
宮司の安藤哲夫さん(60)によると、昨年十二月中旬、本殿を掃除していた妻の都世美さん(55)が祭壇の裏から見つけた。


玉三稲荷神社 本殿 祭壇裏
石はほこりだらけの箱の中
一九四七(昭和二十二)年十一月十六日付の中部日本新聞(現中日新聞)に包まれていた。
誰が届けたのかは不明だが、亀山市の関宿近くの河原で拾ったというメモがあった。

現在の本殿は四四年に移転新築されており、当時の宮司で哲夫さんの祖父喜代一さん(故人)の時代に納められた可能性が高い。父隆二さん(87)は石について聞かされておらず、経緯は謎のままだ。


https://goo.gl/maps/usU4bo4jKmR2
東海道五十三次の47番目の宿場である関宿の近くの河原だと鈴鹿川のことですかね。



 「見つけた後、本殿に飾っておいたら石だけが砂交じりの水でぬれていた。雨漏りはないし、そもそも降っていなかったのに」と都世美さんは不思議な体験を話す。


 現在、保管用のケースを発注しており、出来上がり次第、社務所横の「祖霊舎」に展示する。哲夫さんは「七十年もの間、静かに神社を守ってくれていた石。蛇か、竜か、それともほかの何かか、人によって見え方は違ってくるが、一緒に拝んで御利益を分かち合いたい」と語る。


蛇の模様だけだったらちょっと珍しいくらいですむのでしょうが、本殿に飾ったら石だけがぬれていたというのは気になりますね。やはりただの石ではないようです。展示されるようなのでお近くのかたはぜひ見に行ってみて下さい。






, , , ,

蛇が巻き付いた石


奇妙な石が三重県桑名市の神社で発見されました。

中日新聞
神の使い?不思議な模様の石発見 桑名・玉三稲荷神社
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20160415/CK2016041502000012.html


場所
桑名市上野の玉三稲荷(たまみついなり)神社
http://loco.yahoo.co.jp/place/g-O8dvtC2BmcM/
https://goo.gl/maps/14uyqpeKFHs


二匹の蛇が巻き付いているように見える模様の石

書いてみるとこんな感じです
わかるかな?


大きさ
平たくて、高さ十センチ、幅が最大三十センチほどの大きさ。

模様
黒っぽい地肌に、白蛇二匹が向かい合って巻き付いているような模様が付いている。

発見
宮司の安藤哲夫さん(60)によると、昨年十二月中旬、本殿を掃除していた妻の都世美さん(55)が祭壇の裏から見つけた。


玉三稲荷神社 本殿 祭壇裏
石はほこりだらけの箱の中
一九四七(昭和二十二)年十一月十六日付の中部日本新聞(現中日新聞)に包まれていた。
誰が届けたのかは不明だが、亀山市の関宿近くの河原で拾ったというメモがあった。

現在の本殿は四四年に移転新築されており、当時の宮司で哲夫さんの祖父喜代一さん(故人)の時代に納められた可能性が高い。父隆二さん(87)は石について聞かされておらず、経緯は謎のままだ。


https://goo.gl/maps/usU4bo4jKmR2
東海道五十三次の47番目の宿場である関宿の近くの河原だと鈴鹿川のことですかね。



 「見つけた後、本殿に飾っておいたら石だけが砂交じりの水でぬれていた。雨漏りはないし、そもそも降っていなかったのに」と都世美さんは不思議な体験を話す。


 現在、保管用のケースを発注しており、出来上がり次第、社務所横の「祖霊舎」に展示する。哲夫さんは「七十年もの間、静かに神社を守ってくれていた石。蛇か、竜か、それともほかの何かか、人によって見え方は違ってくるが、一緒に拝んで御利益を分かち合いたい」と語る。


蛇の模様だけだったらちょっと珍しいくらいですむのでしょうが、本殿に飾ったら石だけがぬれていたというのは気になりますね。やはりただの石ではないようです。展示されるようなのでお近くのかたはぜひ見に行ってみて下さい。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です