沖縄へ4泊の修学旅行へ行った時の話  後編

2016/05/03  

心霊-都市伝説ナビ-

194 : つづき[sage] 投稿日:2011/04/29(金) 03:30:58.10 ID:T9sUdZh60 [5/10回(PC)]
俺の番が来た。さしてネタもなかったので、つくり話でどこまで行けるか試すことにした。要約するとこうだ。 
「ずっと黙ってたんだが、実は俺は霊感があるんだ。といっても、見えるんじゃない。〔いるところ〕の近くに行くと、肌がピリピリするんだ。熱い温泉に入ったような感覚が、〔いる方向〕から包むようにやってくるんだよ。」 

なるべく具体的に、真実味を持って話す。幸いにも真剣な顔で、他の4人は聞いていた。 
「で、この部屋なんだが・・・多分、〔いる〕ぞ」 

言い終えるか否かのうちに、部屋の反対側から「ガシャーン」と大きな音がした。 
荻原が飛び上がる。柳原が「わっ!?」と野太い声を出す。安田は「おいおいおいおいwww」と笑っている。 
俺も、物音の大きさにビクっとしてしまった。内心焦ったが、慌ててドヤ顔で「な?」と付け足すのは忘れなかった。


続きを読む

194 : つづき[sage] 投稿日:2011/04/29(金) 03:30:58.10 ID:T9sUdZh60 [5/10回(PC)]
俺の番が来た。さしてネタもなかったので、つくり話でどこまで行けるか試すことにした。要約するとこうだ。 
「ずっと黙ってたんだが、実は俺は霊感があるんだ。といっても、見えるんじゃない。〔いるところ〕の近くに行くと、肌がピリピリするんだ。熱い温泉に入ったような感覚が、〔いる方向〕から包むようにやってくるんだよ。」 

なるべく具体的に、真実味を持って話す。幸いにも真剣な顔で、他の4人は聞いていた。 
「で、この部屋なんだが・・・多分、〔いる〕ぞ」 

言い終えるか否かのうちに、部屋の反対側から「ガシャーン」と大きな音がした。 
荻原が飛び上がる。柳原が「わっ!?」と野太い声を出す。安田は「おいおいおいおいwww」と笑っている。 
俺も、物音の大きさにビクっとしてしまった。内心焦ったが、慌ててドヤ顔で「な?」と付け足すのは忘れなかった。


続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です