【不老時代くるか?】iPS細胞作製技術の応用で老化を「逆転」し若返らせることが可能に?

2016/12/16  

おうまがタイムズ

1
遺伝子を再プログラミングすることで老化を「逆転」させることができるという報告が、2016年12月15日付けの学術雑誌「Cell」に掲載されました。
実際に、マウスでは寿命の30%延命に成功したのこと。この研究のキーになったのは、山中伸弥教授がiPS細胞を作るときに導入した4つの因子(山中因子)でした。

(略)

http://gigazine.net/news/20161216-ageing-process-reverse/



続きを読む

1
遺伝子を再プログラミングすることで老化を「逆転」させることができるという報告が、2016年12月15日付けの学術雑誌「Cell」に掲載されました。
実際に、マウスでは寿命の30%延命に成功したのこと。この研究のキーになったのは、山中伸弥教授がiPS細胞を作るときに導入した4つの因子(山中因子)でした。

(略)

http://gigazine.net/news/20161216-ageing-process-reverse/



続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です