【キメラ・神の領域へ】「動物から人間の臓器を作る」米で研究、日本は禁止

2017/02/23  

おうまがタイムズ

1
人間の臓器、動物から作る 米で研究先行、日本は禁止
朝日新聞:2017年2月23日12時58分
http://www.asahi.com/articles/ASK2K74SFK2KULBJ01Q.html

 iPS細胞やES細胞を使い、動物の体内でヒトの臓器を作る研究が進んでいる。
1月には米国のグループがヒトの細胞が混じったブタの胎児の作製に成功した。
日本では現在、このような研究が指針で禁じられており、改定に向けた議論が続いている。

■ブタ受精卵にiPS細胞

 米ソーク研究所(カリフォルニア州)のチームは1月、ヒトのiPS細胞をブタの受精卵に入れ、ヒトの細胞が混じったキメラ状態の胎児を作製したと発表した。

(略)

 心臓や肝臓、膵臓(すいぞう)、腎臓などの複雑な臓器は、iPS細胞などから直接作ることが難しい。
そのため動物の体内を利用して作る研究が世界中で進む。
発生の仕組みがよく知られたブタは、ヒトと臓器の大きさが近く、最有力候補だ。

(以下省略)



続きを読む

1
人間の臓器、動物から作る 米で研究先行、日本は禁止
朝日新聞:2017年2月23日12時58分
http://www.asahi.com/articles/ASK2K74SFK2KULBJ01Q.html

 iPS細胞やES細胞を使い、動物の体内でヒトの臓器を作る研究が進んでいる。
1月には米国のグループがヒトの細胞が混じったブタの胎児の作製に成功した。
日本では現在、このような研究が指針で禁じられており、改定に向けた議論が続いている。

■ブタ受精卵にiPS細胞

 米ソーク研究所(カリフォルニア州)のチームは1月、ヒトのiPS細胞をブタの受精卵に入れ、ヒトの細胞が混じったキメラ状態の胎児を作製したと発表した。

(略)

 心臓や肝臓、膵臓(すいぞう)、腎臓などの複雑な臓器は、iPS細胞などから直接作ることが難しい。
そのため動物の体内を利用して作る研究が世界中で進む。
発生の仕組みがよく知られたブタは、ヒトと臓器の大きさが近く、最有力候補だ。

(以下省略)



続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です