【闇深】日本は先進国の中でがんの死亡率が増加しているらしいけど、なんでなの?

2017/03/05  

おうまがタイムズ

1
なぜ日本はがんの死亡率が増加しているのか?
乳がん、子宮がんの検診率は、米国に比べて約半数という低さ
 今、日本人の死因トップである「がん」。なぜ日本ではがんによる死亡率が増加し続けているのか。
世界保健統計2015によると、日本人の平均寿命は84歳で世界トップだった。
この数字だけ見ると、日本は健康な人が多いように見えるが、先進国においてがん死亡率が年々増加しているのは日本だけであることがわかった。先進国の場合、高度な技術・医療施設が整っており、医療レベルは高く、日本の医療レベルも高い水準と言われている。
それなのになぜ、日本だけが増加しているのだろう。その原因の1つは、「検診受診率の低さ」だということが言われている。

(略)

■「がん対策加速プラン」では2020年までに受診率50%を目標

 日本では2007年に「がん対策推進基本計画」が策定され、基本計画に基づきがん対策が進められてきた。
しかし2015年の中間報告では、がん対策の進捗は見られるものの、「がんの年齢調整死亡率(75歳未満)の20%減少」(2007年からの10年間目標)についてはこのままでは目標達成は難しいと予測している。それを踏まえ、昨年2015年12月に「がん対策加速プラン」が発表された。そのプランの3つの柱の1つが「がんの予防・早期発見」であり、がん検診の受診率が諸外国に比べ低いことを課題としてあげている。基本計画では、2020年までに受診率50%(胃・肺・大腸は当面の間40%)を目標に掲げ、その達成に向けての取り組みが進められている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170304-00010008-dime-soci



続きを読む

1
なぜ日本はがんの死亡率が増加しているのか?
乳がん、子宮がんの検診率は、米国に比べて約半数という低さ
 今、日本人の死因トップである「がん」。なぜ日本ではがんによる死亡率が増加し続けているのか。
世界保健統計2015によると、日本人の平均寿命は84歳で世界トップだった。
この数字だけ見ると、日本は健康な人が多いように見えるが、先進国においてがん死亡率が年々増加しているのは日本だけであることがわかった。先進国の場合、高度な技術・医療施設が整っており、医療レベルは高く、日本の医療レベルも高い水準と言われている。
それなのになぜ、日本だけが増加しているのだろう。その原因の1つは、「検診受診率の低さ」だということが言われている。

(略)

■「がん対策加速プラン」では2020年までに受診率50%を目標

 日本では2007年に「がん対策推進基本計画」が策定され、基本計画に基づきがん対策が進められてきた。
しかし2015年の中間報告では、がん対策の進捗は見られるものの、「がんの年齢調整死亡率(75歳未満)の20%減少」(2007年からの10年間目標)についてはこのままでは目標達成は難しいと予測している。それを踏まえ、昨年2015年12月に「がん対策加速プラン」が発表された。そのプランの3つの柱の1つが「がんの予防・早期発見」であり、がん検診の受診率が諸外国に比べ低いことを課題としてあげている。基本計画では、2020年までに受診率50%(胃・肺・大腸は当面の間40%)を目標に掲げ、その達成に向けての取り組みが進められている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170304-00010008-dime-soci



続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です