【日常に潜む怖い系】女性の足を縛り極小化した奇形をつくりあげる

2017/03/09  

怖い話・恐怖体験談を集めてみた

中国でかつて行われていた奇習。
女性の足を縛り極小化した奇形をつくりあげる。
後宮に入った女が自分の足で逃げられないようにするため宮廷から広がったともいわれる。

纏足の手法は様々であるが、骨を折るというようなことはせずに、基本は骨の柔らかい幼児のうちに折り曲げて縛るというのを三年ぐらいかけてやる。
もちろん変形するまでには、魚の目や化膿などによる激痛があり「小脚一双、眼涙一缶」(一揃いの小さい脚を作るためには、壺一杯の涙が必要である※缶の字は違う)と言われる。

続きを読む

中国でかつて行われていた奇習。
女性の足を縛り極小化した奇形をつくりあげる。
後宮に入った女が自分の足で逃げられないようにするため宮廷から広がったともいわれる。

纏足の手法は様々であるが、骨を折るというようなことはせずに、基本は骨の柔らかい幼児のうちに折り曲げて縛るというのを三年ぐらいかけてやる。
もちろん変形するまでには、魚の目や化膿などによる激痛があり「小脚一双、眼涙一缶」(一揃いの小さい脚を作るためには、壺一杯の涙が必要である※缶の字は違う)と言われる。

続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です