モッケ 後編

2017/03/10  

オカルト遅報

DIS0I9A0001_TP_V

132 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/03/04(日) 12:36:09.81 ID:C8/Dhig30 [7/10回(PC)]
それから祖父の家に戻され、その日一日、神主さんがずっと私に付き添っていました。 
その時に神主さんから、一つ目の化け物について説明を受けました。 
一つ目の化け物は、この辺りでは「モッケ」と呼ばれていること。 
山の中に棲み、山に入ってきた村人を迷わせ、女を犯し、時には喰っていたこと。 
しかしある侍が当時の神主の協力を得て、山の中の岩にモッケを封じたこと。 
その岩には注連縄をして、岩に続く道にも鳥居をたてて注連縄をし、立ち入り禁止に 
したこと。 
今行われている神楽舞は、その一連のエピソードを元にしていること。 
正直「嘘だろ」と思ったのですが、さすがに自分が見たものを否定することは 
できませんでした。 
既に皆様お察しかと思いますが、兄達はそのモッケが封じられていた禁域を 
侵してしまったのです。 
神主さんが言っていた「×××」というのは、モッケを封じた岩のことでした。 
岩を見に行った人の話によると、岩は真っ二つに割れていたそうです。 
鳥居の注連縄も緩んでいたので、誰かが侵入したんだ!ということが判り、 
大騒ぎになりました。 
そこで兄達は黙っていられないと思い、大人達に禁域へと足を踏み入れたことを 
打ち明けたそうです。兄達はみっちり叱られていました。 
兄の左足が腫れたのはおそらく、注連縄につまづいたからだろうとのことでした。 


続きを読む

DIS0I9A0001_TP_V

132 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/03/04(日) 12:36:09.81 ID:C8/Dhig30 [7/10回(PC)]
それから祖父の家に戻され、その日一日、神主さんがずっと私に付き添っていました。 
その時に神主さんから、一つ目の化け物について説明を受けました。 
一つ目の化け物は、この辺りでは「モッケ」と呼ばれていること。 
山の中に棲み、山に入ってきた村人を迷わせ、女を犯し、時には喰っていたこと。 
しかしある侍が当時の神主の協力を得て、山の中の岩にモッケを封じたこと。 
その岩には注連縄をして、岩に続く道にも鳥居をたてて注連縄をし、立ち入り禁止に 
したこと。 
今行われている神楽舞は、その一連のエピソードを元にしていること。 
正直「嘘だろ」と思ったのですが、さすがに自分が見たものを否定することは 
できませんでした。 
既に皆様お察しかと思いますが、兄達はそのモッケが封じられていた禁域を 
侵してしまったのです。 
神主さんが言っていた「×××」というのは、モッケを封じた岩のことでした。 
岩を見に行った人の話によると、岩は真っ二つに割れていたそうです。 
鳥居の注連縄も緩んでいたので、誰かが侵入したんだ!ということが判り、 
大騒ぎになりました。 
そこで兄達は黙っていられないと思い、大人達に禁域へと足を踏み入れたことを 
打ち明けたそうです。兄達はみっちり叱られていました。 
兄の左足が腫れたのはおそらく、注連縄につまづいたからだろうとのことでした。 


続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です