“人”のようなもの 前編

2017/03/13  

オカルト遅報

N934_kouentominatomirainoyakei_TP_V

235 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/03/29(木) 16:59:38.05 ID:+k9VQJgE0 [1/5回(PC)]
 僕が大学生だった頃、バイト先だったバーのお客さんの話です。 

 Kさんはその店にわりとよく来るお客さんで、当時20代後半の会社員。 
僕と同じ茨城出身の人でした。ちょうど今頃の季節で“蛍”が話題にのぼり、 
「僕の地元は2、3年前までいっぱいいましたよ」 
「俺の実家の近くじゃ、全然見れないんだよな。いいなぁ、蛍。見てえなぁ」 
と話をしたのです。 

 一月ほど後。 
久しぶりに店に顔を出したKさんが、他のお客さんがひけた頃合いをみて、 
「笑ってくれてもいいんだけど・・・」 
といってポツポツと、淡々と、マスターと僕に語りはじめました。 

 僕と話をして間もなく、夏期休暇のKさんは実家に帰省したそうです。 
ある夜、やはり蛍が見たくなったKさんは、一人でクルマで出かけました。 
同じ茨城といっても、Kさんの実家と僕の地元とはかなり離れていたため、 
Kさんは知り合いに訊いて、蛍が見られそうな場所を教えてもらったのです。 
クルマで3、40分ほどの距離にあるそこは、山のふもとの農村地帯でした。 
民家もひとかたまりずつ、まばらに点在するばかり。 
ぼんやりと月が出ていなかったら、きっと真っ暗。 
 そのかわり蛍はホントに、けっこうな数がフワリフワリと飛んでいました。 
Kさんはできるだけ民家から離れた、山沿いの野道にクルマを入れて停め、 
家から持ってきたビールを飲みながら蛍を眺めていたそうです。 
“風流だなあ”とか悦に入って。 
 そのまま、いい感じに酔ったKさんは、ちょっと酔いを醒ましてから 
帰ろうとしているうちにクルマの中でうたた寝をしたらしい。 
尿意を催して目が覚めたときは、0時をまわっていたそうです。 


236 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/03/29(木) 17:00:43.99 ID:+k9VQJgE0 [2/5回(PC)]
「クルマの外に出て立ちションした後、 
せっかくだから蛍を捕まえて帰りたいと思ってさ。 
その野道をちょい進んだとこに蛍がいたから、 
そーっと近くまでいって・・・。そのとき、見えたんだよ」 

 その野道の左側は田んぼ、右側はそのまま山につながっている 
雑木林。Kさんがクルマを離れて歩いていったちょうど横に、 
山に入る細い道があった。 
雑木林の中を、まるでトンネルのように山に向かっている 
小道・・・。 
その道の奥の方で、何かがふらりと動いた気がした。 
「?」 
月明かりがまばらに落ちているとはいえ、林の奥はなお暗い。 
暗さに慣れた目で確かめようとしながら、 
自分の『夜中に、こんな場所に一人きり』という状況に 
突然、猛烈に怖さがわき上がってきた。 

・・・ふらり。 
間違いなく、見えた。林の奥で動く、人影のようなものが。 
寒気が走って全身にゾワッと鳥肌が立った。 


続きを読む

N934_kouentominatomirainoyakei_TP_V

235 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/03/29(木) 16:59:38.05 ID:+k9VQJgE0 [1/5回(PC)]
 僕が大学生だった頃、バイト先だったバーのお客さんの話です。 

 Kさんはその店にわりとよく来るお客さんで、当時20代後半の会社員。 
僕と同じ茨城出身の人でした。ちょうど今頃の季節で“蛍”が話題にのぼり、 
「僕の地元は2、3年前までいっぱいいましたよ」 
「俺の実家の近くじゃ、全然見れないんだよな。いいなぁ、蛍。見てえなぁ」 
と話をしたのです。 

 一月ほど後。 
久しぶりに店に顔を出したKさんが、他のお客さんがひけた頃合いをみて、 
「笑ってくれてもいいんだけど・・・」 
といってポツポツと、淡々と、マスターと僕に語りはじめました。 

 僕と話をして間もなく、夏期休暇のKさんは実家に帰省したそうです。 
ある夜、やはり蛍が見たくなったKさんは、一人でクルマで出かけました。 
同じ茨城といっても、Kさんの実家と僕の地元とはかなり離れていたため、 
Kさんは知り合いに訊いて、蛍が見られそうな場所を教えてもらったのです。 
クルマで3、40分ほどの距離にあるそこは、山のふもとの農村地帯でした。 
民家もひとかたまりずつ、まばらに点在するばかり。 
ぼんやりと月が出ていなかったら、きっと真っ暗。 
 そのかわり蛍はホントに、けっこうな数がフワリフワリと飛んでいました。 
Kさんはできるだけ民家から離れた、山沿いの野道にクルマを入れて停め、 
家から持ってきたビールを飲みながら蛍を眺めていたそうです。 
“風流だなあ”とか悦に入って。 
 そのまま、いい感じに酔ったKさんは、ちょっと酔いを醒ましてから 
帰ろうとしているうちにクルマの中でうたた寝をしたらしい。 
尿意を催して目が覚めたときは、0時をまわっていたそうです。 


236 : 本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/03/29(木) 17:00:43.99 ID:+k9VQJgE0 [2/5回(PC)]
「クルマの外に出て立ちションした後、 
せっかくだから蛍を捕まえて帰りたいと思ってさ。 
その野道をちょい進んだとこに蛍がいたから、 
そーっと近くまでいって・・・。そのとき、見えたんだよ」 

 その野道の左側は田んぼ、右側はそのまま山につながっている 
雑木林。Kさんがクルマを離れて歩いていったちょうど横に、 
山に入る細い道があった。 
雑木林の中を、まるでトンネルのように山に向かっている 
小道・・・。 
その道の奥の方で、何かがふらりと動いた気がした。 
「?」 
月明かりがまばらに落ちているとはいえ、林の奥はなお暗い。 
暗さに慣れた目で確かめようとしながら、 
自分の『夜中に、こんな場所に一人きり』という状況に 
突然、猛烈に怖さがわき上がってきた。 

・・・ふらり。 
間違いなく、見えた。林の奥で動く、人影のようなものが。 
寒気が走って全身にゾワッと鳥肌が立った。 


続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です