【心霊怖い話】骨董品の蒐集

2017/03/16  

心霊-都市伝説ナビ-

20130427-P4270311_TP_V

486 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/06(水) 18:58:45.89 ID:MDvy3SQS0 [1/3回(PC)]
自分の親父と骨董の話を書きます。 
親父は紡績の工場を経営していましたが、何を思ったか50歳のときにすっぱりと 
やめてしまい経営権から何から一切を売り払ってしまいました。これは当時で十億 
近い金になり、親父は「生活には孫の代まで困らんから、これから好きなことをやらせてもらう。」 
と言い出しました。しかしそれまで仕事一筋だった父ですから、急に趣味に生きようと 
思っても、これといってやりたいことも見つからず途方に暮れた感じでした。 
あれこれ手を出しても長続きせず、最後に残ったのが骨董品の蒐集でした。 

最初は小さな物から買い始めました。ありがちなぐい呑みや煙草の根付けなどです。 
「初めから高額の物を買ったりして騙されちゃいかんからな。小遣い程度でやるよ。」 
と言って骨董市で赤いサンゴ玉がいくつか付いた根付けを買ってきました。 
「何となく見ていてぴーんとひらめいたんだよ。このサンゴ玉は元々はかんざしに 
付いていたのかもしれないね。」などと言って、書斎に準備した大きなガラスケースに 
綿に乗せて置きました。これが我が家の異変の始まりです。まず親父になついていたはずの 
飼い猫が書斎に入らなくなりました。親父が抱き上げて連れて行ってもすぐに逃げ出して 
しまうのです。さらに家の中の物がなんだか腐りやすくなりました。梅雨時でもないのに 
食パンなどは買ってすぐに黴に覆われてしまったりして、台所は常に饐えた臭いがするように 
なりました。それから家には小さいながら庭もあったのですが、全体的に植木の元気が 
なくなり、中には立ち枯れるものも出始めました。また屋根の上の一ヶ所につねに黒い煙いの 
ようなものが溜まり何人もの通行人に火事ではないかと言われたりもしました。しかし 
はしごをかけて屋根に上ってみてもそこには何もないのです。 


続きを読む

20130427-P4270311_TP_V

486 : 本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/06/06(水) 18:58:45.89 ID:MDvy3SQS0 [1/3回(PC)]
自分の親父と骨董の話を書きます。 
親父は紡績の工場を経営していましたが、何を思ったか50歳のときにすっぱりと 
やめてしまい経営権から何から一切を売り払ってしまいました。これは当時で十億 
近い金になり、親父は「生活には孫の代まで困らんから、これから好きなことをやらせてもらう。」 
と言い出しました。しかしそれまで仕事一筋だった父ですから、急に趣味に生きようと 
思っても、これといってやりたいことも見つからず途方に暮れた感じでした。 
あれこれ手を出しても長続きせず、最後に残ったのが骨董品の蒐集でした。 

最初は小さな物から買い始めました。ありがちなぐい呑みや煙草の根付けなどです。 
「初めから高額の物を買ったりして騙されちゃいかんからな。小遣い程度でやるよ。」 
と言って骨董市で赤いサンゴ玉がいくつか付いた根付けを買ってきました。 
「何となく見ていてぴーんとひらめいたんだよ。このサンゴ玉は元々はかんざしに 
付いていたのかもしれないね。」などと言って、書斎に準備した大きなガラスケースに 
綿に乗せて置きました。これが我が家の異変の始まりです。まず親父になついていたはずの 
飼い猫が書斎に入らなくなりました。親父が抱き上げて連れて行ってもすぐに逃げ出して 
しまうのです。さらに家の中の物がなんだか腐りやすくなりました。梅雨時でもないのに 
食パンなどは買ってすぐに黴に覆われてしまったりして、台所は常に饐えた臭いがするように 
なりました。それから家には小さいながら庭もあったのですが、全体的に植木の元気が 
なくなり、中には立ち枯れるものも出始めました。また屋根の上の一ヶ所につねに黒い煙いの 
ようなものが溜まり何人もの通行人に火事ではないかと言われたりもしました。しかし 
はしごをかけて屋根に上ってみてもそこには何もないのです。 


続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です